コンビニエンスストア動向について

渡辺です。

雪予報などもありまだまだ寒い日がつづきますが暦のうえではもう春ですね。

さて今回は私が最近気になったトピックスです。先日業界最大手ホールディングス動向がニュースになっておりましたが、コンビニエンスストアのあり方もどんどん変化しているようです。

ザ・マニュアルのイメージがありますが、商品ラインナップ、サービス含め独自性を出し、地域のお客さんにあわせながら特色あるお店作りが増えてきています。私の住むエリアでも契約農家さんの野菜を店先に大々的に並べたり、地元幼稚園と連携したシーズン企画等々あの手この手でこれまでにない、というかどこかなつかしい手作り感のある展開をみせております。

全国に5万軒以上あるコンビニエンスストアは、超高齢社会の様々な課題解決のヒントがあるように思います。サービス付き高齢者向け住宅などを対象に、出張コンビニ事業もはじまっているようですし、今後の動向、注視していきたいと考えております。

ジョグ写真@芝公園。これからの季節梅の園となります。

前の記事

リバウンド中

次の記事

壬生義士伝