eスポーツ

営業の金子です。皆さんはご存知でしょうか。eスポーツという競技を。

私は聞いたことはありましたが「ただのゲームでしょ」としか思っていませんでした。もともとゲームには関心がなく、中学生の頃に喫茶店でインベーダーやギャラクシーや麻雀などがあったような気がしますが、ほとんどしたことがありませんでした。

近所散歩中にある「HOPESMORE」レッドウイングエイジングショップにて。弊社が以前広告宣伝のお手伝いをさせていただいていました。

今回あるクライアントの企画で提案をすることになり、この業界について調べるうちに「思っている以上にスポーツなんだ」「世界規模のビジネスになっているんだ」「関心がある人が多いんだ」ということに気づかされました。z世代が大半を占めますが、新たなコミュニケーション方法として定着しているようです。15~25歳のz世代では2~3日に1回以上プレイしている人が2割以上を超えているようです。eスポーツの競技人口は世界に1億人以上、観戦を楽しむ人は4億人以上も存在する。2024年にはおよそ6億人に達するようです。

市場規模は、日本は現在100億円で世界では1000億円を超えています。国内ではただのゲームでなく各都道府県でもeスポーツを採用した競技大会が開催されています。東京都主催のeスポーツフェスタ。全国都道府県対抗eスポーツ選手権として茨城国体の競技として採用されました。その他、町おこし目的に利用し、学校でも教育の一環に、また高齢者のレクレーションにと採用されています。

注目度の上昇に伴い、賞金総額も年々増加傾向になっています。最高賞金総額1億円以上の大会が増加しているぐらいです。海外大会では、賞金総額100億円以上で優勝賞金30億円以上もあります。結果国内外のメディアからの注目度も増加しています。

これらは、企業のマーケティング施策の一貫として活用が進むことが見込まれます。企業の課題感に沿って、今までにないユーザー層にアプローチが可能になります。競技は既に今年の中国・杭州アジア競技大会の正式種目として採用が決まり、今後オリンピックの競技に採用される日も近いと言われています。これをどう受け止めて利用するかが私たち広告に関わるものとしても必要になるのではないでしょうか。

前の記事

壬生義士伝

次の記事

「マント猫」