今、思うこと

「今、思うこと」

こんにちは、アンカーに入社してもうじき4年目を迎える金子浩行です。

人生の年月が過ぎるのは早いと聞いていましたが、本当にそうだと思う今日この頃です。

東京オリンピック・パラリンピックが終わったばかりですが、私は前回の東京オリンピックの1964年に生まれました。小学生からサッカーをはじめ、大学までサッカー中心の生活を送りました。

24歳の頃の写真です

小学生時代、将来の職業は「料理人」と思っていましたが、大学生の頃にはそれまでサッカーを通して得られた「チームワークの大切さ」「自己努力で得られる個の技術・体力・精神力」「勝つことの喜び、負けた時の悔しさ」など、素晴らしい経験を子供達にも教えてあげられる「教員」を目指すようになりました。

大学を卒業して高校の教員になった私でしたが、今度は「もっと広い世界を見たい、自分の可能性を試してみたい」と考えるようにもなっていました。

そんなときに元日本代表主将・初代Jリーグ優勝チームメンバーだった大学の先輩から「個人マネジメント」の依頼を受けました。私は教員を辞め、もう一度サッカーの世界に入ったのです。

Jリーグ・Jクラブについて、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌のマスコミや広告代理店とのお付き合い、CM撮影に係ることや、イベント実施の段取りなど、多くのことを知ることができました。関わった方々との縁を大事にしながら、国内外へと行くチャンスも得る事も出来ました。


しかし、自分の力の無さからマネジメントの仕事も十数年しか続かず、その後はいくつかの仕事、違った業種を経験し、やがてアンカーに入社することになりました。それが約3年前のことです。

あらためて今、新たな仕事をする居場所を得られ、チャレンジできることのありがたさに、感謝しています。

現在、営業担当としてお客様の事業のお手伝いをしています。メディア(雑誌広告)、商品サンプリング、展示会等のイベント、雑誌などの取材・編集 などなど、協力会社の皆様の力を借りつつ進行しています。

教えていただいたり、自分で調べたりしながら「まだ成長できるんだ」と思えることは、誰にでも味わえることではないなとつくづく痛感します。

これからアンカーで何をすれば良いのか、与えられたことに返せるプラスアルファは何なのか、自分の人生をどのように生きていけばよいのか、何か伝えられることはあるのか。

自問自答しながら、ただ精いっぱいやり続けることしかできない私です。いつも通りに感謝しながらいきたいと思います。

これからもみなさまお力添えをよろしくお願いいたします。

    次の記事

    十五夜に思うこと。