横浜マラソン

営業部の佐藤恭太です。

先月、人生初の公式大会でのフルマラソンにチャレンジしました。

デビュー戦は大好きな街でもある、みなとみらいを走れる「横浜マラソン2022」に出場しました。私はもともと陸上部の長距離だったので、練習でフルマラソンの距離は何度も走った事がありました。

ここ2〜3年は、走ったり走らなかったりの繰り返しでしたが、アンカーに入社する前程から本格的に練習を始めて夏にかけて少しずつ昔の感覚が戻ってきていました。

しかしマラソン本番の一ヶ月前に坐骨神経痛になってしまい、休みながらの練習となり、本番は不安を抱えた状態でのスタートでした。

いよいよ本番。

スタートして20キロまでは3時間台でゴールできるペース出来ていたのですが、急に脚が痙攣し始めて、25キロ地点で両足の肉離れが起こりました。

膝が曲がらない、走っても転ぶ。

歩いても脚がつり、近くのボランティアスタッフやランナーから、もう棄権してください!と言われるほどの状態でした。

車いすスタッフが早く乗ってと誘惑してきましたが、無視しました笑

しかし、どんなに不細工な走りでも、目標タイムから遠ざかっても、二度と走れない身体になってもこの大会だけは完走したいという思いで、何とか無事にゴールできました!

タイムは4時間59分52秒という、悲しい結果でしたが、応援に来てくれた家族と友人が待っているのに、棄権だけはしたくない。

そんな思いでゴールした瞬間は、本当に嬉しかったです。

今度はもっとかっこいい姿を家族と友人に見てもらうため、次の大会に向けて走り続けたいと思います。

次の記事

W杯とのびしろ