梅雨の語源

渡辺です。

6月も半ば。

関東地方も梅雨入りし雨の季節です。

梅雨というとなんとなく

ネガティブ気味なイメージがありますが

雨にまつわる素敵な日本語が多々あります。

そもそも梅雨の語源は

梅の実がなる時期に降る雨のことをさしたという説があります。

そのため梅霖などとしても表現されることもあるようです。

他にも五月雨(旧暦)、走り梅雨、迎え梅雨など。

言葉ひとつで印象が変わってきますね。

さて、2016年の株式会社アンカー創業から丸6年が経ちました。

10年ひと昔といいますがこの6年でも

社会がどんどん変化していることがひしひしと感じます。

お付き合いいただく会社様、

そしてお手伝いする案件もだいぶ様変わりした感があります。

私自身これから新たに学び、身に付けていかねばならぬことが

山積みですので1日1日を大切に、

確実に成長すべく精進していく所存でございます。

写真は銀座の白いあじさいです。

あまり関係ないですが

昔あった名店、白いばらを思い出しました。

前の記事

トップガン マーヴェリック

次の記事

バンド活動