当社渡辺が福祉用具専門相談員資格取得

渡辺が福祉用具専門相談員資格を取得しました

福祉用具専門相談員というのは、要介護者の方が介護保険を使って使う「車椅子、ベッド、歩行器、杖、褥瘡予防器具、スロープ」などの福祉用具の選び方や使い方をアドバイスしながら選定してあげるお仕事です。

渡辺は介護福祉系のお客様を担当することが多いので、勉強のために資格取得をしました。

介護状態になるとケアマネージャーがその人それぞれの「ケアプラン」を作成しますが、ケアプランに沿って適切な福祉用具を選定していきます。

受講要件に定めはなくどんな人でも取得ができますが、50時間のボリュームたっぷりの講座です。業務の傍ら受講していた渡辺も結構大変だったようでした。ただ本人も「用具の選定に医学的な背景があったり、今まで知らなかったことも多く勉強になりました!」とのこと。高齢者が増える世の中、今後も資格取得者は増えていくでしょう。

    前の記事

    営業3年目、中川です。

    次の記事

    今、思うこと