今年8月より入社した小山です。

皆様、はじめまして。

今年の8月よりアンカーに入社しました、小山雄輔です。アンカー1の新参者です。営業を担当しております。

まずは生い立ちについて紹介します。

1997年4月15日生まれの24歳です。三重県で生まれ、自然とともに育ち、小3からは横浜で過ごしてきました。周りに受験をする友人が多く、「みんながするから自分も受験がしたい」と親にお願いし、中学受験をして、中高と藤沢にある男子校に片道1時間30分かけて通い、6年間卓球部に所属していました。

今でも卓球が好きで、休日には友人と卓球をしたりしています。また、文化祭が好きで、友人に誘われて実行委員も経験しました。当時はパンフレットの広告の掲載依頼を行ったり、芸能人を呼んだりと、とても充実した学校生活を送っていました。

6年間同じ仲間と過ごしたというのは自分の中で大きな財産になっていると最近になって感じるようになりました。大学ではマーケティングについて学んでおりました。これといって志望していた大学や学部はありませんでしたが、なんとか合格することができた大学で単位と格闘しながらも楽しく過ごしました。

その傍ら動物ボランティアサークルに入り、猫の譲渡会(動物愛護団体が保護した猫を飼育できる状態にして、猫が幸せに暮らせる家庭に譲り渡す会)のお手伝いなどをしておりました。

そして昨年製造業に就職し、1年4か月働いたのち転職し、現在に至ります。

今回は転職から現在までをお話ししようと思います。

転職を決意したものの、大した社会経験もなく、さらには別業界への転職ということで、うまくいくかどうか不安な状態での転職活動になりました。ご縁がありアンカーに内定をいただくことができましたが、楽しみの反面、入社前は正直働いていけるかとても不安でした。

ただ、面接時に実際に働いていた方の話を聞くことができたことや、その時の皆さんの掛け合いがとてもアットホームな雰囲気があったことや、私のような未経験の入社でも丁寧に指導していただけそうだと感じたことが決め手となり入社しました。

これまで自分の意志で行動する、自分で決めて実行するという経験がほとんどなく、周りに流されながら決断することが多かった自分にとって、この転職という機会が、今後の自分の行動の仕方、考え方を変えるきっかけになっているのではないかと今では思います。

実際に入社してみると、はじめは前職との違いを感じながらどんな仕事をしているのかを知ることや、社外の方とのかかわり方を学ぶことで精一杯でした。今では、いくつかのプロジェクトに携わり、日々勉強しながらではありますが、ようやく地に足がついてきたなと感じるようになってきました。

先輩方とは少し年齢が離れていますが優しくしていただいており、1か月先に入社した佐藤とは同い年と、恵まれた環境の中で日々励んでおります。今後は、営業として一人でクライアントを持つようになる日も近づいていることもあり、期待と不安を胸に抱きながら先輩の背中を追いかけながら楽しく過ごしています。

今後ともよろしくお願いいたします。

最後に、今回の写真は私が一番好きなラーメン屋「飯田商店」の前で撮影したものです。ラーメンが大好きで、学生時代は年間100杯ほど食べていました。気軽に食べられるようなラーメンではありませんが、一つ一つのクオリティが高くおいしいので、ラーメンがお好きな方はぜひ足を運んでみてください。

    前の記事

    新入社員の佐藤と申します。