災害イツモフォーラムTOKYO 

「防災」や「備蓄」に各企業が注目していますが、本日は情報収集のために、有楽町ホールで開催された「災害イツモフォーラムTOKYO」に参加してきました。
アルピニストの野口健さんや、防災プロデューサーとして企業や自治体の防災コンサルタントとして活躍されている永田宏和さんとのパネルディスカッションなど、震災後の対応や国内の防災の現状をわかりやすく教えてくれるフォーラムでした。
災害後は「いつも当たり前にあるものが無くなる生活」。家が無くなる、水が無くなる、ガスが使えなくなるのに、多くの人は「誰かがなんとかしてくれる」と思っているばかりで、実際には自分でなんとかしなくてはならない「自助」について想像していない人が多すぎるとのこと。大変勉強になりました・・・。この機会に家庭の「備え」を見直したいと思います。